須弥山ブログ 酒魂日記

2009年07月の記事

<< 2009年06月の記事   |  << prev   |  Top   |  2009年08月の記事 >>

2009年7月28日(火) 16:50

アイス&ピラミッド!、日本酒新入荷!。

アイス&ピラミッド,
日本酒
須弥山
こんにちわ、須弥山主米納です。

何か、しかしハッキリしない天気ですね〜。
今年は梅雨明け無し!、という声もあるようで・・・・。
ただ、そんなに真夏日が続くという訳でもないので、過ごしやすいせいか、家電量販店ではエアコンが思うように売れていないらしい。

食材でも、新秋刀魚が出てきたり、松茸が店頭に並んだりで、一体夏は何処へ・・・・。

てな訳で、今日は美味しいアイスとピラミッド、そして急遽入荷の日本酒のご紹介。


先ずはアイス。

広島県の美和桜酒造、坂田さんからの贈り物。

食べてみました。
いや〜、とっても美味しかったです。
甘さ控えめ、旨味深し。ペロッとたいらげてしまいました。
坂田さん、グッチョイス!!です。
※Latte Latte 小原由紀
 広島県西区井口台三丁目25-28


次は、ピラミッド。
何のこっちゃ!?、って感じですが、何のことは無いスイカのことです。
板長がお世話になっている八百屋で貰ってきたそうです。

しっかし、綺麗に三角になるものですね〜。
ただ、ちょっと痛々しい気がしない訳でもないが・・・・。



そして最後に日本酒のご紹介。
ブログを書いていたら、小山商店の渡真利君が、東京は福生の多摩自慢さんを連れてきました。

左:多摩自慢 平原さん  右:小山商店 渡真利君。

何やら、小山商店限定商品だとのこと。
紅龍
これで、<こうりゅう>と読みます。
五百万石50%精米の純米吟醸。
しかも、日本酒度は−1。表示上は甘口ですね。


呑んでみました。

ほほ〜ん。
甘口表示でも、五百万石の硬さと、1.4の酸度が美味く相成って
そんなに、「あま〜!!っ。」とは感じさせません。
どちらかっというと、「うま〜!!っ。」って感じですかね。

これは面白いですね。
甘口表示は辛口嗜好の人にはある意味新鮮ですからね。
多分、辛口嗜好の方にも受け入れてもらえると思います。

ちょっと様子みながら勧めてみようと思います。





では、今日も一日頑張ってましょう!!。


いらっしゃい!!。

written by shumisen
[日本酒探訪!!.] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2009年7月25日(土) 16:50

おっきな鮑!&日本酒新商品入荷。

巨大鮑&ヘンテコラベル日本酒須弥山
こんにちわ!、須弥山主米納です。
梅雨が明けたというのに、ハッキリしない天気が続きますね〜。
ただ、今日は久々にいい天気になりましたね。
日陰に入ると暑さが和らいだりして、何か過ごしやすいと思ってしまうのは、気のせいでしょうか?。

今日は先ず、明日のイベントで食する天然巨大黒鮑入荷をご紹介。
重さは脅威の800c!。
勿論、仕入れ値もかなりご機嫌です。
横に須弥山のお箸を置いてみたので、当店を知っているかたでしたら、その大きさが容易に想像つくはずです。


明日は、これをステーキにして食べる予定です。

とても、楽しみです\(^δ^)/。
感想は後日ご報告しま〜す。

※食べてみたい方は、入荷&お値段含めて須弥山までお問い合わせ下さ〜い。




そして、ヘンテコラベル日本酒のご紹介。
群馬県藤岡市にある松屋酒造さんの“流輝”
これで<るか>と読みます。

上州(A)藤岡産ごろぴかり(!?)米使用、85%精米の純米酒。
作:見習(!)杜氏松原広幸
(A):上野国<こうずけのくに>は、かつて日本の地方行政区分だった国の一つで、東山道に属する。上州(じょうしゅう)または上毛(じょうもう)とも呼ぶこともある。領域は現在の群馬県とほぼ同じだが、群馬県桐生市のうち桐生川以東は含まれない。かつては群馬県は上野国と同じ範囲だったが、1959年と1968年に栃木県の一部が桐生市に越境合併されたため、異なるようになった。(Wikipediaより)


上州藤岡産ごろぴかり(!?)調べてみましたが、あまり情報が無く、藤岡で収穫された飯米とのこと。

この日本酒、始めは流輝という2文字が無く、
“〜はんどめいど〜”



“親指立てた手の絵”だけだったそうです。(酒屋さん談)


なんともはや、型破りな日本酒だこと。

まだ、呑んでないので感想は後日。

あ、そうそう、“杜氏見習い”(裏ラベルに記載)松原広幸さんのブログ(http://plaza.rakuten.co.jp/tousenkura/)がありますので、興味のある方は覗いてみて下さい。




では、今日も一日頑張ってましょう。



いらっしゃい!!。

written by shumisen
[お料理] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2009年7月21日(火) 16:50

和酒酔!〜一周目記念〜。

和酒酔須弥山
こんにちわ〜。
須弥山主米納です。

いや〜、三連休明けの火曜日・・・・・、更に雨・・・・・・・。
ニッチもサッチもな感じですね〜(´ε`)vー・°°°。

衆議院も解散し、40日間の選挙戦。
日テレは、24時間テレビと選挙番組と、かなり大変だろうな〜。



先日の19日、須弥山にて“和酒酔!一周目”を行いました。
“和酒酔(ワッショイ)”とは日本酒をこよなく愛する仲間(飲食店主、蔵元、一般ユーザー)で、三ヶ月に一回各店を回り、情報交換したり、日本酒を持ち寄ってアーダコーダといっては日本酒をガブガブ呑む、いわば、日本酒好きの酒呑み集団といったところでしょうか。勿論、蔵に行ったり、農家さんを訪れたり、至って真面目な活動もしています。

今回は、その持ち回りの記念すべき一周目となったわけです。
皆、日本酒を本当に好きな連中ばっかりです。

このような交流を持つことで、日本酒に対するモチベーションを維持し続けられたらと心から願う次第です。

※@左半ズボン:東高円寺天★(テンセイ:03-3311-0548)主人・早坂氏。通称“トシちゃん”
A直ぐ下女性:天★お客様
Bその下座り:六本木久高(クダカ:03-3408-5066)主人・岩川氏。通称“お兄ちゃん”
Cその裏花束女性:久高従業員・おにいちゃんの奥様“みほチャン”
D花束女性隣座り女性:阿佐ヶ谷まにわ(マニワ:03-6421-3456)主人・間庭氏。通称“じゅんチャン”
E向かって間庭右隣:池袋酉の市(トリノイチ:03-5952-8373)店長・宮崎拓氏。通称“タク!ッ”
Fその右隣手前:須弥山代表 米納
G須弥山主裏向かって右側緑シャツ:池袋蛍月(ホタルヅキ:03-3981-0280)代表・牛山氏。通称“ウッシ〜”
H向かってウッシ〜左隣:吉祥寺ひまり屋(ヒマリヤ:0422-21-6818)代表・加藤氏。通称“洋ちゃん”今回初参戦
日本酒好きの皆さ〜ん、各店熱き主人が皆様のご来店を、首を長くして待ってますよ〜〜〜〜〜〜。
是非、一度足を運んでみて下さいね〜。






今回はもう一つ。
先日お亡くなりになられた、能登の名杜氏、波瀬正吉氏を偲んで、“開運 波瀬正吉”で会をスタートしましました。

波瀬さんの死去は各人にとって、とても悲しい出来事でした。

和酒酔!一同、更には須弥山代表として、謹んで心より故人のご冥福をお祈り申し上げます。波瀬さん、長きに渡り美味しい日本酒有難うございました。
お疲れ様でした。






それでは、今日も一日頑張ってましょう。


いらっしゃい!!。

written by shumisen
[日本酒探訪!!.] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2009年7月13日(月) 16:50

須弥山主の日本酒探訪!!〜まとめて会っちゃいましょう編〜

須弥山主人酒の会
こんにちわ!。
須弥山主米納です。

いや〜、毎日蒸し暑い日が続きますね〜。
まだ、本格的な夏がきてもいないのに、この程度で参っていては先が思いやられます。でも、暑い

え〜、昨日は、開春の若林社長のお誘いで、東京プリンスホテルでおこなわれた酒の会に行ってきました。

今年で、4〜5回目の参加になるのですが、毎年多くの蔵元さんが参加されてて、年に一度の顔合わせ的な機会になっております。
須弥山と付き合いがある蔵元さんだと、開春(島根)七冠馬(島根)結人(群馬)遊穂(石川)などなど。一度にこれだけの蔵元さんとお会い出来るので、とても助かっています(^δ^)v。

その他、直接お付き合いはなくても、最近須弥山でも扱ったことのある、来福さん、仙禽さん、福祝さん、なども参加されてて、そんなお初な蔵元さんにお会い出来るのも魅力の一つですね。


今回は、我、茨城の来福酒造の藤村さんと初めてお会いできました。
以前、このブログでもご紹介した“超精米”のあの蔵元さんです。
超精米の誕生秘話やら、お酒造りへの考えなど、いろいろお話が聞けてとても参考になりました。

また、近々何か来福仕入れてみようと思います。





※多くの日本酒愛飲家で会場は異様な熱気に包まれてました。






※いつも、お世話になっています、<開春>若林社長!。
来月、杜氏の山口さんがご結婚とのこと。
おめでとうございます。 あとは、東北泉の神さんだけか・・・・・。





※お疲れ様です。<七冠馬・玉鋼>田村社長。
今日は、素敵な姪っ子さんが助っ人で。大吟醸、美味かったっす。







※今回もメチャメチャお元気で!!!。
結人の副杜氏・圭治氏。杜氏であるお兄さんの清嗣氏の到着を今か、今かと待ちわびつつ、お客様にお酒を次から次へと日本酒を振舞う。“夏のあらばしり”もいいが、中取りの原酒もよかったな〜。






※今回、初対面!。来福の醸造家・藤田氏。
Tシャツの“真向勝負”とは、来福の別ライン。人柄も眼光鋭く、まさに真向勝負な方でした。






※今、当店のお勧めに載っている、<仙禽>。
しまった!、蔵元の顔写真を撮るのを忘れてた!!!。







※<車坂>以前、純米大吟醸を仕入れました。
口当たりやさしい感じの呑み易い純大でした。
これも、蔵元さんの顔写真撮るの忘れてしまった!!!!!!!。






※どこで呑んだのか一向に思い出せないのだが、絶対呑んだことのある
<姿>、偶然見つけました。純米吟醸、山田錦も雄町も両方美味しかったな〜。かなり男気感じる蔵元さん。眼光鋭し!!。要チェック銘柄。






暑い夏でも、皆で美味しい日本酒を呑もうではありませんか!!。 日本酒業界は大いに盛り上っておりました。




そんな訳で、今日も頑張ってましょう!!。


いらっしゃいませ!!。




もっと日本酒呑みましょ委員会:会員番号00006 もっと日本酒呑んでもらいましょ委員会:会員番号00008

written by shumisen
[日本酒探訪!!.] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(1)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2009年7月9日(木) 16:50

日本酒のススメ〜其の十一〜

美味しい日本酒須弥山
こんにちわ。
須弥山主米納です。

何か、やはり梅雨の季節らしく、ジメジメとした日が続きますね〜。
多湿嫌いの私には非常に辛い日々です。
しかも、最近はエコの為か、銀行とか百貨店とかに入っても、「うひょ〜」
というよりは、「あれれれれ??????」と感じることが多いですね。
多分、設定温度高めなんでしょうね(´ε`)トホホホホホホホホ。

こんな日は、美味しい冷酒を呑んで、体の中からヒンヤリしましょう。


ってな、訳で日本酒のご紹介。


本日は、今年の冬に大ヒットした変わり物「十二六」の夏バージョン、
その名も「十二六・1026〜夏〜」、っておい!。とつっこみを入れたくなるネーミングですね・・・、代わり映えしないというか・・・。


呑んでみました。
夏バージョンは、火入れしてあるので、元祖よりは落ち着いた感じです、と聞いてはいたものの、呑んでみるとそんなにマッタリしている訳ではありませんし、持ち前の軽めの酸味が以外に健在ですので、うん、そんなに気にせずのめるかなって感じですね。アルコール度も4%なので、軽快に盃を重ねられますね。

当店も4本限定ですので、興味のある方はお早めに!。


では、今日も頑張ってましょう!!。


いらっしゃい!!!。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 2009年06月の記事   |  << prev   |  Top   |  2009年08月の記事 >>

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ