須弥山ブログ 酒魂日記

2009年06月の記事

<< 2009年05月の記事   |  << prev   |  Top   |  2009年07月の記事 >>

2009年6月24日(水) 16:50

日本酒のススメ〜其の九・夏編〜

夏酒須弥山
こんにちわ。
須弥山主米納です。

最近、大分蒸していますね〜。
湿度の大嫌いな私にとっては、日本の夏、特に東京の夏はもう嫌で嫌で仕方ありません。当然のことながら、家でのエアコン設定温度は地球に厳しく18℃
快適快適。


ってな訳で、暑い夏にも日本酒を呑もうってことで、本日は夏の涼酒をご紹介。

先ずは、以前このブログでもご紹介した、白岳仙吟生

呑んでみました。
穏やかな香り、柔らかい口当たり、そして波が引いていくようなキレ。
杯を重ねても何ら負担を感じないお酒ですね。



次は、若手成長株、宝剣涼香吟醸

ラベルのデザインも白地に銀文字。瓶の薄青さも手伝って見た目の涼しさをすこぶる演出しています。
呑んでみました。
味も、見た印象どうりで、透明感のある味わい。かといって水っぽさなど微塵も感じず、ちゃんと米の味がします。


最後は重鎮、開運涼々りょうりょう)。
今年発売された新商品です。

呑んでみました。
開運さんが夏向けの日本酒を作るとこうなる、といった言葉がドンズバで当てはまる出来上がり。夏酒らしいのみ口の軽快さの中にも開運らしさをしっかりと感じさせる味わいは、さすが能登杜氏の四天王の一人、波瀬正吉の成せる技ですね。



夏酒を目で、喉で楽しんで、暑苦しい夏を吹き飛ばそうではあ〜りませんか!!。





では、今日も一日頑張ってましょう!!。



いらっしゃい!!!。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2009年6月23日(火) 16:50

日本酒のススメ〜其の八+特大牡蠣〜

日本酒須弥山

こんにちわ。
須弥山主米納です。

お久しぶりです。
いや〜、参りましたよ。
とのっけから愚痴を。

先週ブログの更新をしようとしたらエラーになってしまい、当店のHPでお世話になっているレンタルサーバ会社(お名前.com:“累積登録実績145万件! 国内最大級のICANN公認ドメイン登録サービス”←何のこっちゃ!!)に電話をしたところ、

お名前:「サーバーのメンテナンスをするってんで、暫く閲覧すること        はできてもHPの更新が出来ません。」
と、いきなり言われちゃいました。
(おいおいおい。そういったことは、事前に連絡くれよほ〜。)

主人:「毎月、きっちりメールで請求書くるんだからそのシステム使って事前    に知らせて下さいよ。」

お名前:「それをすると、サーバーに負荷がかかるので」

(知るか!)

主人:「じゅあ、この間の当店の情報の提供が滞ることについての責任はどう    とってくれるんですか?。」

お名前:「(暫くして)そういった対応は個々にはしておりません。」

 (ここまで謝罪の言葉一切なし)

主人:「じゃ、分かりました。回復する見込みがたったらメールでいいんで連    絡下さい。」

お名前:「分かりました。」


で、何の連絡もないまま、今日たまたま試してみたら更新できるようになってました・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

ま、一月\1575だとこんなもんですかね・・・?。
国内最大級が泣きますよ、泣かね〜か。



気をとりなおして、美味しい日本酒のご案内いいいい。

先ずは、龍力さんの純米ドラゴン エピソード2
兵庫県は姫路市は本田商店の日本酒。
どうやら、蔵の息子の案だそうで。

調べてみました。
「龍力の5代目の本田龍祐氏の醸した《龍仕込み》のエピソード2です。若さ を感じるネーミングとラベルデザイン。この「純米ドラゴン」は関東地方の みの販売で試験米の試験醸造のため、2年間だけの販売になり、本数も10 00本と限定。
 この試験米は「兵系79号(仮)」と呼ばれ、山田錦と西海134号を掛け 合わせたお米。
 味のコンセプトは「甘味は旨み」で旨みもしっかりあるが、後味スッキリで す。ネーミングとコンセプトがマッチしていない気がしますが、美味しくて 目立てば問題なし!さらに売れれば文句なし!
 テイスティングの感想はコンセプト通り、しっかりした旨みでバシっと切れ ます。新しいお米ということですがとても上手に仕込んだと思います。龍力 らしさからは少し違いますが、面白い作品だと思います。」
とのこと。(インターネット関連情報)

なるほど、コンセプトは見事に具現化されていますね。
今日は、開けないので感想は明日以降・・・。


次は、鳳凰美田
栃木県は小山市の日本酒。
今回は愛山米50%精米の山廃仕込みの日本酒。
小林さんのところの山廃は酵母添加するので、良くも悪くも山廃っぽくなく、その手の味が苦てな人でも、抵抗なく呑めるんですよね。

ラベルも素敵な感じですね。
今年は、室も新調しハード面ではかなり充実した蔵になりました。
益々、楽しみな蔵の1つですね。


次は十四代。
言わずもがな、な蔵です。
先ずは、昨年ぐらいから商品化された、山田錦40%の純米大吟醸。



そして、十四代の夏の定番、吟撰
今年は、初代<吟撰>宜しく、ラベルに笹の葉が復活しました。
とても、涼しげな、まさに夏にぴったりの雰囲気を十二分に醸し出しています。




最後におまけで、特大牡蠣の写真を。
萩から取り寄せた牡蠣なんですが、あまりの大きさに、とても
一人では食べ切れそうにありません。そうですね、4人で丁度いい感じですかね。もし、このブログを見て興味持った方は、予約していただければ、確約は出来ませんが手配しますので、ご一報下さいませ。あ、参考までに、店での売値はこのときで\2200で〜す。

※因みに奥に写っているトマトは勿論プチトマトじゃありません。普通のとまとです。






では、今日も一日頑張ってましょう。


いらっしゃい!!。



それでは

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(1)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2009年6月10日(水) 16:50

日本酒のススメ〜其の七+おまけ〜

新入荷須弥山
こんにちわ〜、須弥山主米納です。

何か、天気の悪い日が続くな〜と思ってたら、もう梅雨の姿がチラホラ。
ジメジメとした日が来ると思うとかなりテンションが下がります。
でも、そんな時は日本酒でも呑んで、気分を盛り上げましょう!!!。


そんな訳で、新入荷のお知らせ〜。
本日は、3本+オマケ。


先ずは、浅間山
これで<あさまやま>と読みます。
群馬県は吾妻群長野原町のお蔵さん。
ベゴニア酵母を使用した“辛口純米”。



ベゴニア酵母・・・・・・・・。
チョイチョイ聞く酵母だな〜。

調べてみました。

ベゴニア[菌株名:BK-1] 花言葉「愛の告白」!?。

BK-1(ベゴニア)酵母のお酒は、フルーティな香りとしっかりとした味わいが特長です。


更に、
「当研究会(東京農大花酵母研究会)の花酵母は、いずれの酵母も既存酵母には ない特長ある香味を有しています。
 それぞれの花酵母の個性をお楽しみいただければ幸いです。近い将来、自分 の好きなお酒を酵母で選ぶ時代が来ることを信じています。」
                     東京農大花酵母研究会会員一同

だそうです・・・・・・・・。

色々と試みるのは大事なことです。
お酒の感想は後日。






で、次。
あぶくま
福島県は田村市の玄葉本店(げんば・ほんてん)さんの日本酒。
山田錦50%・五百万石55%のお酒。
原酒ですね。


ラベルの雰囲気は私の好みです。
呑んでみました。

なるほど、やはり骨太!。口内の始めのほうで、アルコールっぽさを感じますが、程無くして米の旨味がフワッと広がりちょっと濃い目の余韻を残してキレていきますね。火入れしたのを二ヵ月後とかに呑んでみたい!、という印象を受けました。でも、美味しいお酒だとおもいます。




更に、次は星自慢
これで、<ほしじまん>と読みます。
福島県は喜多方市の喜多の華酒造場さんの日本酒。
今回は五百万石50%・タカネミノリ55%の純米吟醸酒。
タカネミノリとは、アイガモによる除草で育った無農薬有機栽培米とのこと。


各県とも、酒米の開発、酵母の開発、色々と取り組んで、日本酒業界の活性、それを取り巻く環境の活性化にまい進しているんですね。



呑んでみました。
ん!?、あぶくまと近い印象!?。
たまたまかもしれませんが、何か似た印象を受けました。
ただ、“星自慢”のほうが若干マイルド感があるかな。
ほう、9号酵母を使用とな。いいですね〜。9号は私好みです。
星自慢ももう少し置いておいたほうがいいかな、と思わせる酒です。
いい日本酒だと思います。






そして最後におまけ。
山形県は楯の川酒造の子宝
リキュール表示の上、ヨーグルトまで入っています。
アルコール度数8%の乳製品。大人のヨーグルトですね(笑)。






それでは、美味しい日本酒呑んでジメジメした梅雨をフッ飛ばしましょう。





では、今日も頑張ってましょう。

いらっしゃい!!。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2009年6月4日(木) 16:50

格さん、ご来店!!。

格さん須弥山
こんにちわ!、須弥山主米納です。

いや〜、大変ご無沙汰しちゃいましたm(__)mぺこり。
広島出張で体調を崩し、大分弱っておりました。

もう、スッカリ良くなったので、またバリバリぶろぎんぐしまっせ!!。

今日は、ビッグゲストのご紹介!!。
何と、水戸黄門の格さん役の合田雅吏さんが須弥山に来店されましたああああああああ。
須弥山に良く来られるお客様の、通称“お京さん”が連れてきて下さいました。
格さんは劇中では、黄門様(里美浩太朗さん)の向かって右側に立ち、これぞという時に徳川家の印籠を神々しく出し、それを見た悪人が一同ひれ伏すという、美味しいところでの超ぉ〜美味しい役です。

合田雅吏(ゴウダマサシ)さん
生年月日:1970年1月9日(学年は1つ上だけど、同い年いいいいいいいい)
血液型 :O型
出身地 :神奈川県
サイズ : T 183cm / W 73kg / S 27cm
趣味・特技:スキューバダイビング・サッカー・日舞・ビリヤード
(http://official.stardust.co.jp/goda/profile/index.htmlより)

最近、合田さんが日本酒に目覚めたとのことで、お京さんが須弥山に白羽の矢を立ててのご来店となりました。

※たまたま私の誕生日だった為、お京さんの計らいでケーキでお祝いをして下さいました。左から、合田さん、お京さん、安齋さん。記念に一緒にパチリ。)



いや〜、俳優さんというか芸能人というか、芸の世界に生きる方の並々ならぬすっごいオ〜ラを感じました。蔵にお伺いしてもこれほどの緊張感は最近は無かったんですがね〜。でも、気取らずスッゴクやさしいナイスガイでした。
天は二物を与えるんですね〜。いやはや、まいりました。
一発でファンになっちゃいました。
皆さんで、合田雅吏さんを応援しましょう!!。
え〜、日本酒のほうですが、結構まじめに呑んでおられるようで、自分の好みもしっかり伝えて頂き、何とか喜んで貰えたかな?????、って感じです。

是非是非、またお越し下さ〜い。

ではでは、今日はかなりミーハーな内容になってしまいましたが、今日も一日頑張ってましょう。

いらっしゃいませ!!。

written by shumisen
[スタッフ] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(1)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 2009年05月の記事   |  << prev   |  Top   |  2009年07月の記事 >>

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ