須弥山ブログ 酒魂日記

2009年01月の記事

<< 2008年12月の記事   |  << prev   |  Top   |  2009年02月の記事 >>

2009年1月27日(火) 16:50

新酒入荷〜其の2〜

新酒須弥山 こんにちわ。
須弥山主米納です。

今宵は、新酒を2本ご紹介。
まずは、新潟県魚沼市より鶴齢(青木酒造)〜特別誂え〜。
越淡麗という新潟県の酒米を使用した純米です。精米55%。その他の、日本酒度・酸度・アミノ酸度は非公開(と、なぜか明記してある。端から書かなければいいのに・・・・)。たすきに“槽場直汲み”とあるので槽で絞ってその場で瓶詰めして出荷したのでしょうか?。
呑んだ感想は、直汲みだけあって、まず<酸=ガス>をしっかりと感じます。
ただ、酸を感じる割には味をまろやかさが包んでいる印象です。香りも穏やかですし、味わいも程よく感じますし、個人的にはとてもいい出来かと。お勧めです。魚料理、野菜料理に合いそうです。


次は、広島県三次市より、美和桜(美和桜酒造)。
皆さん、みわさくらですよ!!。みわざくらではありませんよ!!!。
八反錦という広島県の酒米を使用した、純米吟醸です。蔵元の坂田さん(かなり熱い方です!!!)は、夏場には酒米作りもされてます。このお酒に使われている八反錦も地元産だそうです。
この蔵の、杜氏さんはご実家がお寺で、杜氏さん自身も恵弘(えこう)さんという、いかにも仏門的(こんな表現していいのでしょうか・・・)な名前の持ち主です。
あ、話がそれました。
呑んだ感想。
呑もうと口を近づけると、まず華やかな香りが。で、お酒を含むと口の中にしっかりとした香りが広がり、それと共に酒の味が、まだ蕾ではありますが隅々まで広がります。味わいが出てきたら呑み応えのある旨酒になりそうです。でも、今は、今で、まだ産まれたばかりの初々しい味わいを楽しむとしましょう。


これからも、どんどん新酒が入荷してきます。
日本酒に携わっている身としては、楽しくて仕方ありません。
随時、出来る限りご紹介していきますので、少しでも参考にしていただければこれ幸いです。

ではでは、今日も一日がんばっていきましょう。
いらっしゃい。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(1)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2009年1月23日(金) 16:50

先日紹介十四代の訂正

先日このブログで紹介した十四代の新酒のことで訂正があります。
当商品の使用米を、(恐らく)八反錦といいましたが、正しくは、
山田錦・雄町米とのことです。

大変失礼しました。
ではでは。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2009年1月22日(木) 16:50

静岡より春の便り。

春野菜須弥山
こんにちわ。
須弥山主米納です。
今年はなかなかが降りませんな〜。一度チラッと舞ったぐらいで・・・・。
確かに、首都圏での積雪は各交通機関へかなりな影響を及ぼしますが、そうはいっても、やはりもの足りないものです。これも温暖化の影響ですかね・・・・。


そんな中、早くも春の便りが静岡から届きました。
板長のお母様が菜園を営んでいて、そこで採れた春野菜達です。
勿論、天然の路地ものです。
菜の花・蕗の薹。
まだ泥がついてる状態で送って下さいました。


<菜の花> 菜の花は、葉がしっかりとした張りがあり蕾もプックラしています。
胡麻和えにするもよし、お浸しにするもよしです。



<蕗の薹> 蕗の薹は、まだ葉も開いておらず、持ってみると小さいなりにも重みを感じます。天ぷらにして塩で食したら、もうたまりませんね!!!!。



いやはや、雪が降らないでもの寂しいとか、春野菜が美味そうだとか、誠に勝手なもんです(^ε^)ヾ。

では、今日も一日頑張っていきましょう。
いらっしゃい!。

written by shumisen
[この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2009年1月20日(火) 16:50

おめでたや!!〜vol.2〜。

酉の市須弥山
こんにちわ、須弥山主米納です。

え〜、昨夜は普段いろいろと交流のある池袋<酉の市>(03-5952-8373)ご一行様のご来店。
一緒に蔵に行ったり、はたまたお互いの地元の祭りで御輿を担ぎ合ったりと
かなり濃いお付き合いをさせてもらっています。
もともと、須弥山の泣く子も黙る迷物!?スタッフ、宮崎“ガンちゃん”洋子の旦那が酉の市の板長兼店長をしていることから交流が始まりました。ま、お互い酒好き!、御輿好きの鉄板共通点があり、息投合しまくりな訳です。

昨夜は、アルバイトの留学生のキム=ジョンソンと“ミドリちゃん”と宮崎夫妻での来店でした。今月下旬に韓国に戻ってしまうジョンソンちゃんのプチ送別会だとのこと。大分呑んで食べて呑んで呑んで呑んで・・・・・、と長居して頂きました。有難うございました。
ジョンソン!、韓国に帰っても須弥山を忘れないでね〜〜〜〜〜〜〜。

※左:ガンちゃん、左奥:拓ちゃん(ガンちゃん旦那)、右奥:ジョンソン、右:ナレーター“ミドリちゃん”


※今年の4月におめでた予定のガンちゃん。がんばってネ。


ではでは、今日も一日頑張っていきましょう。

いらっしゃいませ!。

written by shumisen
[スタッフ] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(2)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2009年1月19日(月) 16:50

新酒入荷〜其の1〜十四代開封

新酒須弥山
こんにちわ。
須弥山主米納です。

先日、ご紹介した十四代の新酒。
呑みましたよほ〜。
いや〜、美味しかったですね(^δ^)b。
そんなに、酸味際立つこともなく、適度なフレッシュ感。
ツルッと入ってスーッと消えて、ほんのり心地いい返しというか余韻というか・・・・・。

度数をみると、16度台。いや〜、何ともバランスのいい割合だこと。
恐らく、若干の加水はしていると思われるが、そんなことを微塵も感じさせません。
香りも穏やかで、三位一体といった感じです。
兎に角酒として呑み易いです(決して水っぽいとかじゃありませんよ)。今年の十四代はわくわくするぐらい楽しみですな。
しかし、ここのお酒はぶれませんね。今造りで16年目。これから出てくる20BY達が楽しみです。

皆様も、機会があれば是非一度呑んでみて下さい。
日本酒は嗜好品。されど、美味しいものはやっぱり美味しい。
試してみる価値は十分にありますぞ。


ではでは。
今日も一日頑張っていきましょう!。

いらっしゃい!。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 2008年12月の記事   |  << prev   |  Top   |  2009年02月の記事 >>

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ