須弥山ブログ 酒魂日記

2008年08月の記事

<< 2008年07月の記事   |  << prev   |  Top   |  2008年09月の記事 >>

2008年8月28日(木) 16:50

鰤大根!。

お料理須弥山
こんにちわ。
須弥山主 米納です。

なかなか、スカッと晴れませんな〜。
9月に入ったらまた気温が上がると言っておりますが、気象庁、大丈夫なんでしょうか?。もう少し夏を楽しみたいものです。

といっているそばから、冬の定番料理、鰤大根のご紹介(^ε^;ヾ。
うちの板長のつくる鰤大根は、手前味噌ではありますが、かなりウマイです。私も大好きです。たまたまいい鰤のアラがあったのでつくったそうです。明日からのお通しです。
出来上がりの色は濃い目ですが味は抑え目。

早く食べたいな・・・・。

※写真はまだ未完成。

written by shumisen
[お料理] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(2)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2008年8月26日(火) 16:30

食材・・・・・。

沢蟹須弥山
こんにちわ!。
須弥山主 米納です。

なんか、急に秋になったようで、夏消化不良の今日この頃いかがお過ごしですか?。天気も生憎の雨模様。早く晴れないかな・・・・。

今日はお料理のお話。
先ほど、料理長が笑顔で戻ってきたと思ったら、その手には沢蟹
てっきり観賞用かと。それにしちゃ随分な量だなと・・・。
聞いてみると、食材です、と。
カリカリにあげて餡をかけると、美味しいとのこと・・・・。
元気に動き回っている沢蟹を見ると複雑な思いが。
沢蟹君、ごめんなさい!!。


※沢蟹がぶれているのは、生きていて動き回る為です。



あ、そうそう。
昨日のガラス器にサラダ盛ってみました。

美味しそうですね。
目に良し、食べて良し、体に良し、ですね。

それでは、今日も頑張っていきましょう。


いらっしゃいませ〜!。

written by shumisen
[お料理] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(1)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2008年8月25日(月) 16:50

新作登場!。

淳工房須弥山
皆様こんにちわ!。
須弥山主 米納です。

先日、長年お付き合いさせていただいている、淳工房主宰菅井先生から新作の器が届きました。
通常、須弥山では“木グラス”と呼ばれる酒器を使用してますが、最近はお料理の器でもお世話になっております(^ε^)v。

今回届いたのは、21×11ほどのガラス器です。逆円錐のガラス部を重厚な木の土台が受け止める、所謂“淳スタイル”に仕上がっております。
最近、先生が提案されてる、健康にいい器とでも申しましょうか、そのモチーフの器に仕上がっております。例えば、サラダ。ドレッシングで和えた野菜を盛った場合、ドレッシングが円錐の頂点部分にあるスペースに溜まって、最後のほうの菜っ葉の味が濃くなってしまうということがなくなり、結果、必要以上の塩分を摂らなくて済むという仕組。
で、実際見事にドレッシング溜まります。


もう、菅井先生とは13年ぐらいのお付き合いになりますが、とてもとてもダイナミックなかたで、お酒もメチャメチャ強いですし、合う度に凄っくパワーをもらいます。尊敬してます。
また、機会があったら淳工房作品ご紹介しま〜す。

written by shumisen
[] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2008年8月20日(水) 16:50

海は広いな大きいな・・・。

須弥山
須弥山主 米納です。

ちょこっとブログお休みしてました(へδへ)ヾ。

先日、と長倉先生主催の毎年恒例のクルージングに行ってきました。
生憎の天気で、波も高く2人ほど船酔いしてましたが、目的地に着くころには、ちょっと雲も途切れ、皆で海に潜ったり、海流に流されたりして(^^;楽しく過ごすことができました。

草野板長(左)、長倉先生(右)


キリンビール浅井さん(左)、主(右)


主(左)、“BIG”幸太(右)
※因みに、幸太はうちの板前です。


キャプテンの本間さん。なんと還暦越え!。
すばらしい肉体。海の男は違います!。
ただ、水着を忘れていたのか、ズボンのまま海へ・・・・。



皆様、今年もお疲れ様でした。
また、来年も宜しくお願いしま〜す。

written by shumisen
[須弥山] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(1)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2008年8月12日(火) 16:50

やりましたね!。

須弥山
須弥山主 米納です。
いや〜、やりましたね、北島!
出勤前に見ていたのですが、感動のあまり思わず涙しましたよ(T∀T)/。

最近、ほんと嫌なニュースばかりだったので、久々に心が晴れる思いさせてもらいました。
開会前は、大分ゴタゴタしていましたが、いざ始まって、色々な競技が進むに連れ、色々な感動を間の当たりにすると、やはりアスリートの真剣な姿勢に、政治やなんやなどは関係ないな、と痛感します。

まだまだ、オリンピックは続きますが、日本選手にはほんと頑張ってもらいたいです。


今日から、“板長のひとり言”新メニューです。
その中から3つほど。

先ずは、
酢橘香るどんこ椎茸焼き 椎茸のシャクシャクとした食感に、酢橘の香りがほのかに漂う一品。
早くも、秋の足音が聞こえてきそうです。



次は、
京都の万願寺ししとうを使った焼き浸し。
万願寺ししとうの独特の、大人な苦味とお出汁の旨味が相まってなんとも言えない、箸の進む一品です。


そして、最後に、名残の鱧と松茸の土瓶蒸し
名残(鱧)と、走り(松茸)の絶妙のコラボ。
名残とか、走りとか、和食の世界は、耳で聞いてもとても奥ゆかしいです。







あ、そうそう、先日お客様に頂いたアイスコーヒーです。
味がしっかりとしててとても美味しかったので、ご紹介します。
多分、有名ではあると思いますが・・・。


滑ロ福商店
大阪市中央区千日前1-9-1

written by shumisen
[須弥山] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 2008年07月の記事   |  << prev   |  Top   |  2008年09月の記事 >>

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ